アース建築設計工房:TEL 03-5628-7578

TEL:03-5628-7578

  • ホームボタン
  • DIARY

DIARY / スタッフ日記

[1]  <前  7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17  次>  [29]
投稿数:1
投稿数:7
投稿数:3
投稿数:39
投稿数:35
2010.12.12

投稿者:Hirose

上棟!!

投稿者:Hirose

12日、大安で晴天の朝、ついに上棟をむかえました!!
現場に午前9時頃到着したのですが、わずか1時間ほどですでに1階の柱と梁は組み終わっていました。
工場で加工してきた材を使うとは言えホントに早いです!!
とりあえず、1階が組終わったところで、前回基礎を見て小さいと心配していた嫁さんに感想を聞いたところ、「うん、こうなればわかる」との返答…絶対まだ小さいと思ってる…orz
とは言え、図面で打合せしていても、実際に実物を見るまで大きさなどちょっとわかり難いですよね。
そこで、夕方、もう一度現場へ!!
ちょっと遅くなってしまったので写真が暗くなってしまいましたが、屋根まで組み終わっていました。
確かに大きな家ではありませんが、これで大きさもわかるだろうと思い、今一度感想を聞くと、どうやら、想像以上にかなり小さい小さいと思っていたようでやっと大きさが把握できて安心したみたいです(^^;)
ちなみに、ちゃんと説明はしていたのですが、ユニットバスもトイレも入らないんじゃないかと思っていたみたいです…それは不安になりますね。
さて、次はどこまで進んでいるか楽しみです!!
(次はちゃんと明るい時間に写真を撮ってきます。)

2010.11.30

投稿者:Hirose

基礎配筋

投稿者:Hirose

本日、施工中の基礎を見に千葉の稲毛まで行ってきました。
実は私Hiroseの自宅を建設中です。
写真は基礎の中の鉄筋を組み終わったところです。この後、コンクリートを流し込み、皆さんのご自宅の基礎と同じ姿になります。
この基礎、実は通常の基礎とは一味違います!!
今回、建設にあたり大変お世話になっている千葉東建設様ご自慢の基礎で、木造住宅でこの太さの鉄筋をここまで密に施工するのはちょっと珍しいんです。
何事も基礎が大事!!と言いますし、基礎がしっかりしていると安心ですね!!
ちなみ基礎を見た嫁さんに小さいと言われましたが、こう見えて東京ドーム0.001個分あるんですよ~。(わかりずらい…。)
これから時々現場に行って写真を撮って来るので、またUPします。
さて、次にUPする時はどこまで進んでいるのでしょうか~(^0^)/

2010.06.20

投稿者:saito

サステイナブル社会と循環型社会を考える

投稿者:saito

例年より遅い梅雨入りをして、ワールドカップ熱に沸く今日この頃、貴重な休みを利用して、ある村の環境を考えたプロジェクトのボランティアに参加した。

その「藤野里山長屋プロジェクト」は、自然豊かな山里にただいま建設中で今は、竹小舞を作る作業と土壁を塗る作業をしている。

その建設中の建物の概要は、出来る限り地元でとれる木材を使い、継ぎ手も金物を使わずに、組木を使って造られている。伝統的な昔ながらの木造在来軸組工法である。

規模は4世帯それぞれの住居と共用棟が横一列に連なる長屋で、各棟ごとに雁行していて、屋根はシンプルな切り妻ながらも、棟の高さがそれぞれの棟で違うため、全体的にリズミカルで面白いファサードになっている。
外壁や内壁は土壁で造られ、建材のほとんどはリユース、リサイクル可能。
特に知っての通り、土壁は何度でもリユース可能で、むしろ使用済の土壁を練り合わせることで強度が増すという。

地盤で例えると沖積層の地盤より洪積層の方が圧縮されているので強度があるのと同じといことだろうか。

土壁作りは材料となる、土探しから、竹やワラの調達まで、まともにやったら、時間と手間のかかる工程である。

安く、早く、量産的に建てる住宅とは間逆である。

その建物に沢山の時間と人出が要している為その分付加価値がついている。お金では変えられない素晴らしい価値がある。

そのプロセスに参加できたことは、建築を学ぶものとして、とても貴重な体験だった。もっとこのようなプロジェクトに参加するプロジェクトを増やしていけたらと思う。

タイトルのサステイナブルとはLCAにおいてインプット・アウトプットの環境負荷が少なく、省エネで3Rを基本とし、その地域や気候・伝統・文化に調和しつつ将来にわたり人間の生活の質を適度に維持・向上させる建築物のことで、まさに「藤野里山長屋プロジェクト」はサステイナブル住宅である。

[1]  <前  7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17  次>  [29]
このページの先頭へ