アース建築設計工房:TEL 03-5628-7578

TEL:03-5628-7578

  • ホームボタン
  • DIARY

DIARY / スタッフ日記

[1]  <前  15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25  次>  [29]
投稿数:1
投稿数:7
投稿数:3
投稿数:39
投稿数:35
2007.06.27

投稿者:saito

霊験あらたか

投稿者:saito

自然と建造物がマッチしている、これぞ日本建築だ!
と実感したのは、始めに門をくぐった時だった…。
そして、門の先には神がすむ神聖な空間があった。
体全体でその空間を感じた。
身が清められる思いがした。
険しい山道を登って行った先に
美しい曲線の門がある。門には恐ろしい竜の彫刻が施されていて、それは今にも飛び出しそうなほど勢いがあった。しかも自然の岩(洞穴)と建造物が一体となった社は、大げさであるが建築の原点だと思った。
自然と見事に調和した日本建築のすばらしさを再発見した旅だった。              (群馬県 榛名神社)

2007.06.20

投稿者:saito

記憶のかけら

投稿者:saito

新しい建築物を見るのは大好きで、建物探訪をよくしますが、新築と同じくらい好きなのが廃墟です。
新築は設計者の思いを、廃墟には、そこに住む人の歴史を垣間見ることが出来ます。
それが面白いです。
今回アップした画像は、サイトからもってきた写真で前回紹介した【めがね橋】です。
廃墟を特集しているサイトからコピーした写真です。(すいません。)
今一番興味のある軍艦島の特集も、そのサイトでおこなっているので、興味のある方はどうぞ…
そこで紹介している熊野平駅は昔、
祖父が鉄道員だった時によく宿直した駅です。
悲惨な事故があった場所で幽霊がでるそうです…
軽い気持ちで行く場所ではないでしょう。しかし、
レンガ積みのトンネルはとてもきれいで、人の歴史や記憶を垣間見ることができ感動します。

2007.06.17

投稿者:saito

続・アントニン・レーモンド

投稿者:saito

旧軽井沢のチャーチ・ストリートの先に
それは存在します。
アントニンが手がけた建築物が…。
軽井沢の町並みにとてもあっています。
 群馬にお越しの際は、高崎(音楽センター)→松井田(めがね橋-旧18号)→軽井沢(チャーチ・ストリート)の順で廻ってみてはどうでしょう。

[1]  <前  15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25  次>  [29]
このページの先頭へ