アース建築設計工房:TEL 03-5628-7578

TEL:03-5628-7578

  • ホームボタン
  • DIARY

DIARY / スタッフ日記

[1]  <前  17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27  次>  [30]
投稿数:1
投稿数:7
投稿数:3
投稿数:44
投稿数:35
2007.06.20

投稿者:saito

記憶のかけら

投稿者:saito

新しい建築物を見るのは大好きで、建物探訪をよくしますが、新築と同じくらい好きなのが廃墟です。
新築は設計者の思いを、廃墟には、そこに住む人の歴史を垣間見ることが出来ます。
それが面白いです。
今回アップした画像は、サイトからもってきた写真で前回紹介した【めがね橋】です。
廃墟を特集しているサイトからコピーした写真です。(すいません。)
今一番興味のある軍艦島の特集も、そのサイトでおこなっているので、興味のある方はどうぞ…
そこで紹介している熊野平駅は昔、
祖父が鉄道員だった時によく宿直した駅です。
悲惨な事故があった場所で幽霊がでるそうです…
軽い気持ちで行く場所ではないでしょう。しかし、
レンガ積みのトンネルはとてもきれいで、人の歴史や記憶を垣間見ることができ感動します。

2007.06.17

投稿者:saito

続・アントニン・レーモンド

投稿者:saito

旧軽井沢のチャーチ・ストリートの先に
それは存在します。
アントニンが手がけた建築物が…。
軽井沢の町並みにとてもあっています。
 群馬にお越しの際は、高崎(音楽センター)→松井田(めがね橋-旧18号)→軽井沢(チャーチ・ストリート)の順で廻ってみてはどうでしょう。

2007.06.13

投稿者:saito

群馬の誉れアントニン!

投稿者:saito

アントニン・レーモンド(1888-1976)は、チェコ生まれのアメリカの建築家です。
 手がけた建築は400余りで、中でも「群馬音楽センター」は戦後の大作で、彼が意欲的に心血を注いだ建築だそうです。(借文)
ライトに師事したり、コルビュジェに盗作疑惑をかけられたりしていたようです。波乱万丈ですね☆
群馬音楽センター
構造:RC折板構造
UPした建物の画像は携帯で
高崎市役所展望ホールから撮りました☆

[1]  <前  17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27  次>  [30]
このページの先頭へ